記事一覧

ダイヤモンド煌めくホワイトゴールドの新作

「コメット プラス ダイヤモンド パヴェ ネックレス」5,500,000円
18Kホワイトゴールド、あこや真珠、ダイヤモンド
きらめくダイヤモンドをプラスした、ホワイトゴールドジュエリー「コメット プラス ダイヤモンド パヴェ」にも注目。ピアス メンズ「コメット プラス」同様に彗星から流れる光の尾をダイヤモンドやパールで表現したネックレスは、ひと際エレガントなアイテムだ。


「コメット プラス ダイヤモンド パヴェ イヤリング」770,000円
18Kホワイトゴールド、あこや真珠、ダイヤモンド
耳元で揺れるフリンジが華やかなイヤリングは、冬のパーティーシーンにもぴったりの特別なジュエリーになってくれそう。

彗星の光の尾のフォルムをゴールドで描いたイヤーカフ



「コメット プラス ネオ イヤーカフ」(片耳用) 242,000円
18Kイエローゴールド、あこや真珠
「コメット プラス ネオ」は、アコヤパールを彗星に見立てて、勢いよく流れる彗星の光の尾のフォルムをゴールドで描いたイヤーカフ。つけると耳の内側にパールが寄り添うようなデザインとなる。また、側面にダイヤモンドを敷き詰めた「コメット プラス ネオ ダイヤモンド パヴェ」は、より一層耳元を華やかにしてくれる。

【関連記事】:http://ohana3136.top/

天然石ジュエリーが熱い「おしゃれなアクセサリーブランド9選」おすすめアイテム&石言葉も紹介

天然石ジュエリーが揃う「おしゃれなアクセサリーブランド9選」を特集。日本発のジュエリーブランドを中心に、ブランドの特徴と、上質な天然石を主役にしたおすすめアイテムを紹介する。大人女子に人気を集める天然石ジュエリーは、美しいビジュアルはもちろん、石ごとに異なる“石言葉”を持っているのも魅力的。記事のラストには、人気の石ごとの意味もまとめているので、あなたにぴったりな“お守りジュエリー”を探してみてはいかが?



「クレスト」(過去記事より)
日本発のトーカティブ(talkative)は、デザイン・仕立て・天然石の選定まで、デザイナーのマロッタ忍が手掛けるジュエリーブランド。洗練されたファインジュエリーでありながら、カジュアルに身に着けられるデザインで注目を集めている。

■トーカティブのおすすめ天然石ジュエリー
ブランドの代名詞となるのは、世界各国の“文様”をコンセプトにした「クレスト」。上質な天然石とK18を合わせた、曲線的なシルエットが特徴で、女性の耳元を華やかに彩ってくれる。天然石は全て職人の手でひとつひとつ削りだされているため、“世界にひとつだけ”のお守りジュエリーを見つけられるのもポイントだ。

「クレスト」参考価格帯: 120,000円
※石の種類やシーズンによって、価格・デザインは異なる。

トモコ フルサワ ジュエリー



「畳めるリング」(過去記事より)
トモコ フルサワ ジュエリー(TOMOKO FURUSAWA JEWELRY)は、デザイナーの古澤朋子の名を冠した、日本のジュエリーブランド。色やカタチ、種類の異なる上質な天然石×モチーフで、大人のための遊び心溢れるジュエリーを展開している。

■トモコ フルサワ ジュエリーのおすすめ天然石ジュエリー
透明度の高いライトグリーンのトルマリンは、トモコ フルサワ ジュエリーのアイコンの一つ。美しい天然石を使用したジュエリーには、コンパクトな収納を叶える「畳めるリング」をはじめ、1点モノのジュエリーも多数展開している。

「畳めるリング」参考価格帯:88,000円〜
※石の種類やシーズンによって、価格・デザインは異なる。

【関連記事】:流行している星手首

アルティーダ ウードの人気シリーズ“エラフォニシ”から夏の新作ジュエリーが登場

ECを中心に展開する日本のジュエリーブランド、ARTIDA OUD(アルティーダ ウード)が人気シリーズ“elafonisi(エラフォニシ)”の夏の新作ジュエリーを発売した。日本限定ファインジュエリーエメラルドやブルートパーズ、シトリンなど、清涼感溢れるストーンを使ったリングやネックレス、ピアスをラインナップ。

ECを中心に展開する日本のジュエリーブランド、アルティーダ ウードが、“エラフォニシ”シリーズの夏の新作ジュエリーを発売した。名前の由来は、ギリシャ・クレタ島のエラフォニシビーチ。ピンク色の砂浜とエメラルドグリーンの海が宝石のようにきらめく幻想的な景色にインスピレーションを得て、さまざまなカラーストーンとデザインで人気を博してきた。


このたび登場した新作は、エメラルドやブルートパーズ、シトリンなど、清涼感溢れるストーンを使ったジュエリー。まるでスタッキングをしているように見えるリングは、有機的なシェイプのエメラルドとブルートパーズをパヴェダイヤモンドで囲んだものや、存在感のあるペアシェイプのブルートパーズとエメラルドを並べたものなど、目を惹くデザインがそろう。1つ身に着けるだけで、華やかな手元に。



さらに注目したいのが、バックコンシャスネックレスとしても使える新作ネックレス。ティファニー T コピーラウンドシェイプのシトリンや、ペアシェイプのブルートパーズをパヴェダイヤモンドで囲んだペンダントトップが、胸元に透き通るような輝きを添える。留め具をS字型のフックにすることで、留め具をフロントにして身に着けられるように。バックオープンの服に合わせて、後ろ姿まで抜かりなく仕上げて。

【関連記事】:秋田県の最新ファッション

山梨発「シンプリッチ」2021年クリスマスジュエリー、パール×繊細チェーンの2wayネックレスなど

山梨県発のジュエリーブランド「シンプリッチ(SIMPRICH)」から、2021年クリスマスジュエリーが登場。

シンプリッチとは?


K10ホワイトゴールド・パライバトルマリン ネックレス 42.900円
2020年に誕生したシンプリッチは、デイリーからオケージョンシーンまで対応する、上品なデザインで人気を集めるジュエリーブランド。シルバーチャーム“日本最大のジュエリー産地”である山梨の土地柄を活かした、高品質な素材を使用しながら、手に届きやすい価格設定もまた、高い支持を集める理由のひとつだ。

2021年クリスマスジュエリー



パール(ネックレス)・SV925 ゴールドコーティング 20.900円
そんなシンプリッチから、美しいクリスマスジュエリーが到着。人気のパールシリーズからは、ライスパールにゴールドコーティングの繊細なチェーンを合わせた2WAYネックレスをはじめ、美しいシェイプのバロックパールを主役にしたリングやイヤーカフが登場。いずれも20,000円台で購入できるため、揃えて身に着けるのもおすすめだ。



シルバー925・ジルコニア イヤリング 15.400円
クリスマスに相応しい、華やかな宝石の煌めきに包まれたジュエリーも見逃せない。ディアドロップモチーフのパライバトルマリンを、k10のホワイトゴールドと合わせたネックレスや、ジルコニアの美しい輝きが魅力的なピアス調のイヤリング、5石のダイヤモンドを散りばめたリングなどがラインナップする。

【関連記事】:プレゼント何あげる?母の日ギフト人気ランキング

SMILEモチーフで人気♥【STAR JEWELRY Girl】横浜に新店オープン

スタージュエリーの地元、横浜の注目スポットにオープンする待望のオンリーショップ!
STAR JEWELRY(スタージュエリー)のスペシャリティブランド STAR JEWELRY Girl(スタージュエリー ガール)が、2017年10月6日、QUEEN’S EAST(10月27日にみなとみらい東急スクエアとしてリニューアル開業)2階に、横浜初となるオンリーストアをオープンします!


スタージュエリー ガールは、スタージュエリーのクラフトマンシップはそのままに、手に届きやすい価格帯と親しみやすいデザインでアイテムを展開。トレンドコンシャスなデザインは身に着けるひとに笑顔を届け、デビューから6年、ヒットアイテムも誕生するなど人気を博しています。

このオープンを記念し、スタージュエリー ガール みなとみらい東急スクエア店限定商品も登場! 石留の爪でブランドアイコンの“SMILE”を表現したストーンに、ハットをかぶせたユニークなネックレスは、身に着けるだけでハッピーな気持ちになれそう!

SV925ブルートパーズネックレス ¥17,000
K10YGキュービックジルコニアネックレス ¥22,000

また、スタージュエリー ガール公式サイトに、ピアスのバーチャル試着が楽しめる新コンテンツ「STUDS&JACKETS FITTING ROOM」が登場! 自分の顔写真の上でお気に入りのコーディネイトを完成させ、さらにスタンプでデコレーションもできます。自分に似合うジュエリーを愉しみながら探せる嬉しいシステムにぜひトライしてみて!


【関連記事】:http://edagima.top

カラフルなプレシャスストーンはお守りのように身につけて


リズミカルに輝くストーンジュエリー【MARIHA マリハ】
かっこいい女性とは、肩の力が抜けていて、自由。その強さの頼りは、カラフルなプレシャスストーン。ハリー・ウィンストン 指輪 偽物願いを込めた色石がそれぞれの個性を受け止めて、より自分らしく、より美しく、毎日を彩り豊かにしてくれる。



ストーンはどれもクオリティの高さ、石自体が持つ魅力や個性を大切にデザイナー自身が厳選。あえてハンサムなスタイルにつけるのも素敵。

1ネックレス[18KYG×アメシスト]¥58,000
2ネックレス[18KYG×Dia.]¥228,000
3リング[18KYG]¥73,000
4リング[18KYG×Dia.]¥83,000
5リング[18KYG×スモーキークオーツ]¥72,000
6リング[18KYG×クリスタル]¥72,000
7ピアス[18KYG×スモーキークオーツ]¥65,000
すべて(ショールーム セッション〈マリハ〉)

ブルゾン¥155,000(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈ハイク ユナイテッドアローズ別注〉) カットソー¥7,300(ヴァリアスショールーム〈エイトン〉) パンツ¥49,000(ショールームセッション〈SAYAKA DAVIS〉

MARIHAデザイナーメッセージ
「私自身が欲しいと思える、シンプルで繊細なファインジュエリーや色石のジュエリーをつくりたい。そう思い、渡仏とほぼ同時に〝MARIHA〟を設立しました。

〝花鳥風月〟という日本古来の美意識をテーマに、自然からインスピレーションを得た世界観を大切にデザインをしています。女性にとってジュエリーは特別な意味を持つパーソナルなもの。所作も自然と美しくなるし、キレイなものを身につけることで幸せな気分になる。

女性は上質なジュエリーを身につけると、絶対に変わると信じているので、つけている人自身が美しく見えることはもちろん、長く寄り添えるタイムレスで品のあるデザインを心がけています。

『身につけている方に幸せが訪れるように』と願いを込めたジュエリーたち。FENDI ジュエリー香水を纏うかのように、自然に、肌身離さず、お守りのようにつけていただけたらと思っています」

◆上田真理絵
早稲田大学卒業後、ファッションエディターに。渡仏をきっかけに、〝MARIHA〟をスタート。2009年伊勢丹新宿本店、2014年阪急うめだ本店に直営店オープン。フランス・インド・日本と主に3か国で制作活動中。パリ在住。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

小さいのに効きがいい【セリーヌ】のピアスに夢中です


Oggi3月号の企画で「憧れブランドのシグニチャーアクセ」特集を担当しました。冬服→春服への端境期、ブランドのアイコニックな小物は着こなしのアクセントにぴったりです。ピアス 通販その企画のリサーチで出合ったけれど、いろいろな事情で泣く泣くピックアップできなかったのが、このCELINE(セリーヌ)のピアス。掲載誌が発売された後も心残り過ぎて、自らのワードローブに加えることにしました(散財の言い訳です)。

買ったのは、CELINE(セリーヌ)のシグニチャー“トリオンフ”のピアス


▲レザーのケースに入っています。¥44,000(税込価格)。

「買って良かった!」リスト加入決定! 小ぶりなピアスは大人気の“トリオンフ”モチーフです。

“トリオンフ”とは?
現デザイナーのエディ・スリマンが復刻(再解釈)したブランドのシグニチャーです。“トリオンフ”とはフランス語で“凱旋”という意味で、このモチーフはフランスの凱旋門を囲むチェーンから着想を得ています。バッグやレザー小物にもよく取り入れられていて、ヴィンテージライクな雰囲気が人気。ご多聞に漏れず私も欲しくて欲しくてしょうがなかったのですが、ピアスで取り入れることにしました。

つけるとこう


黒のベロアのカチューシャとよく合わせてます。このときはハイネックのカットソーとジャケットをコーディネートして、ハンサム寄りの出で立ちだったのですが、女性らしい服とも相性がいいです。コンテンポラリーなデザインで、テーストを選びません。カジュアルな着こなしをクラスアップさせるもよし。ワンポイントのゴールドの輝きが、華やかさと上品さをもたらします。

【関連記事】:http://tanikou.top

春の花咲く!ヴァン クリーフ&アーペルの大人気コレクション「フリヴォル」新作

春の歓びを告げ、心を鼓舞する!愛すべきフラワージュエリー
1906年の創業以来、詩情あふれる自然を賛美し続けてきたヴァン クリーフ&アーペル。なかでもロマンスと女性らしさの象徴というべき花は、メゾンのアイデンティティに根差す大切なモチーフとして、1920年代より絶えずクリエイションをインスパイアしてきました。

デイジー、スミレ、ベルフラワー、パンジー……。季節に呼応し、時を重ねながら、メゾンは花々のはかない美しさと躍動する生命力を、無限の色合いとフォルムで描き出してきたのです。



メゾンのアーカイブピースに残る、ミラーポリッシュ技術を体現した花モチーフが「フリヴォル」の着想源に。1950年代に制作された「サンフラワー クリップ」の作品カード(左)と「アップルブロッサム フラワー シガレットケース」(右)
そんな伝統を今に受け継ぎ、2003年に誕生したのが「フリヴォル」コレクション。グラフィカルな視点で解釈したハート型の花びらと、中心で煌めくダイヤモンドのおしべが特徴的です。

初代「フリヴォル」は、ヴァン クリーフ&アーペルの傑出したミラーポリッシュ技巧によって、金属に眩いまでの強い光を引き出した華やかなイエローゴールドジュエリーでした。その美しさと輝きからたちまちメゾンの「顔」となって進化を続け、2020年にはコレクションに初めてローズゴールドを採用。そしてこの春新たに、ローズゴールドとダイヤモンドが織りなす繊細な花々が登場します。



ローズゴールドとダイヤモンドが奏でる新作「フリヴォル」コレクションより、ミニモデルのピアスとブレスレット、ミニモデルとスモールモデルのペンダント
新たな女性美が目覚める!優美さを印象づけるローズゴールドの彩り
やわらかな色味が魅力のローズ色。ほんのり赤みを感じさせるヴァン クリーフ&アーペルのローズゴールドは、その温かみのある色調で女らしさを醸し出してくれるのはもちろん、肌馴染みのよさも格別です。

ゆるやかな曲線を描くハート型の花びらに、ローズゴールドの彩りが優しいムードを添える新作は、全6型のラインナップ。コレクション最小となるミニモデルのピアス、ペンダント、ブレスレット、ほどよく存在感のあるスモールモデルのペンダントとイヤリング、そして大小の花がアシンメトリーに咲き誇る「アントレ レ ドア リング」の展開です。

花びら中央に細いゴールドラインを施し、グラフィカルな雰囲気をより際立たせたミニモデル。耳たぶに収まる華奢なピアスは、お揃いのペンダントと完璧にマッチし、モチーフをひとつ飾ったブレスレットと合わせれば、さらなる軽やかさをプラスして。

プレシャスな印象をもたらすスモールモデルのイヤリングとペンダントは、昼夜を問わずスタイルを華やがせます。花びらに微妙な角度をつけ、異なる高さに配したふたつの花が輝きを競い合う「アントレ レ ドア リング」。躍動感に満ちたアイコニックなオープンリングは、ふと目にするたびに幸せオーラを与えてくれます。

どのジュエリーにも、メゾンの卓越した職人技が発揮されていることは、いうまでもありません。宝石職人、セッティング職人、研磨職人の優れた技巧がひとつとなって、「フリヴォル」の美しさは光り輝きます。まるで咲いたばかりの花のように、ダイヤモンドがみずみずしい光彩を投げかける様は、ビーズセッティングの為せる業。表面全体にダイヤモンドを敷き詰め、輝きを最大限に高めています。


【関連記事】:人気ランキング1位

ダイヤモンドの「ティファニーセッティング」とは?|知ってますか?ジュエリーの基礎知識

フランスのルイ15世の公妾だったポンパドゥール侯爵夫人から。
「ふっくらとした柔らかな曲線と両端をシャープに絞り込んだ、舟形のカットをマーキスカットといいます。マーキスとは“侯爵”という意味で、この名前の由来は、フランスのルイ15世の公妾であったポンパドゥール侯爵夫人から。このエレガントなカットが生まれた当時、女性たちのファッションリーダーでもあったポンパドゥール夫人にちなんで、“マーキスカット”と呼ばれるようになったのです」(諏訪貿易株式会社会長・諏訪恭一さん)



1.ホワイトゴールドの全面にラウンドブリリアントカットダイヤモンドをパヴェセッティングした球体が印象的。『ポセション』リング¥563,200[WG×DIA]・2.ペンダント¥2,684,000[WG×DIA](ピアジェ)
ダイヤモンド自体ではなく、セッティング技術のこと。
「小さくカットしたダイヤモンドではなく、敷石のように石留めするセッティング技術のことをパヴェといいます。パヴェとは、フランス語で石畳を意味しています。スーパーコピーちなみに、小さなダイヤモンドのことは『メレー・ダイヤモンド』といいます」(諏訪貿易株式会社会長・諏訪恭一さん)



ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の爪で留めたティファニーセッティング。『ティファニー セッティング ダイヤモンド エンゲージメント リング』¥200,000台〜[PT×DIA0.18ct〜](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)
光を最大限に取り込み、ダイヤモンドの魅力を開花させたセッティング法。
それまでは、ダイヤモンドの石留めは、石の周囲を覆うベゼル留めが主流でしたが、6本の爪で先端にラウンドカットの石を浮かすように留めた立て爪が登場し、あらゆる角度から光を取り込めるように。1887年に発表し、このセッティング法を世に知らしめたのが“ティファニー”。そこから立て爪のことを、広くティファニーセッティングと呼ぶようになったといわれています。
※参考文献 『ジュエリー用語事典』(一般社団法人日本ジュエリー協会)

\耳よりコラム/ 業界が今注目しているのは、アンカットダイヤモンド!



ジュエリーに仕立てられるアンカットダイヤモンドは不定形(左)と正八面体(右)。左から/リング『オーシャン』¥1,430,000[PT×DIA]・ネックレス『コンパス』¥495,000[PT×DIA](諏訪貿易<SUWA>)
採掘された自然のままで非常に美しいアンカットダイヤモンド。「氷河のような、砂漠のような、などと表現される個性的な表情が魅力的。ダミアーニ ネックレス コピー研磨によってつくられる洗練された輝きとは趣の違う圧倒的な力強さや温もりがあります」(諏訪さん)。
若きクリエイターたちにとっても注目の素材で、諏訪貿易では、この魅力的な素材を使ったデザインコンテストも開催しています。

【おすすめの関連記事】:http://hiromi.top

希少な宝石の数々に圧倒される!ブルガリのハイジュエリーコレクション「マニフィカ」の魅力

大胆で優美、ときに官能的。さまざまな表情で常に人々を虜にしてやまないブルガリのジュエリー。その美しさをまさにアートピースの高みに昇華させたハイジュエリーに、新しいコレクション「マニフィカ(MAGNIFICA)」が登場しました。そこで、本コレクションについて、ブルガリのすべてのジュエリーのクリエイティブを担うルチア・シルヴェストリ氏にインタビュー。ハイジュエリーをさりげなくつけこなす彼女は、「デザイン、クラフツマンシップ、ジェムがブルガリのクリエイションの3要素」と語ります。日本の女性に紹介したいという作品やコレクションのミューズ、珠玉の石などが彩る、彼女の華麗なハイジュエリーの物語は、驚きに満ち、いっそう私たちをブルガリに惹き付けます。

ひとたび纏えばたちまちオーラに包まれる、まさにそんなジュエリーを、137年間絶えることなく生み出し続けるブルガリ。その魅力が最もラグジュアリーに表現されているハイジュエリーに、新しいコレクション「マニフィカ(MAGNIFICA)」が登場しました。

ミューズにインスピレーションを得たピースや珠玉の石を主役としたジュエリーなど、どれもアートピースのような格別の存在感を湛え、人々を虜にします。

では、「マニフィカ」コレクションの圧倒的な美しさの秘密はどこにあるのでしょうか。ディレクションを担うルチア・シルヴェストリ氏のインタビューと共に解き明かします。


ジュエリー クリエイティブ&ジェムバイイング エグゼクティブディレクターのルチア・シルヴェストリ氏。着用している「ルビー メタモルフォーゼス(Ruby Metamorphosis)」も、「マニフィカ」コレクションのひとつ。ダイヤモンドのチョーカーやチェーンなど、取り外し可能な複数のピースで構成された、9種類もの方法で纏うことのできるハイジュエリー
ブルガリの美の頂点を極めるハイジュエリーコレクション「マニフィカ」



中央に62カラットのザンビア産ペアシェイプエメラルドをあしらった「エメラルド エリプス(Emerald Elipse)」。パヴェダイヤモンドとバフトップのエメラルドでコイル状のデザインを表現し、さらに7石のエメラルドビーズをセット
永遠の都ローマに生まれ、137年もの長い時を経てなお、人を魅了するジュエリーを創り続けるブルガリ。その真髄を堪能できるハイジュエリーコレクションが「マニフィカ」です。一点一点が放つ圧倒的なオーラは、比類のない宝石、この上ない創造性、卓越したクラフツマンシップがみごとな調和を奏でる、ブルガリでならではのもの。

コレクションは全122点のジュエリーで構成され、60点以上のミリオネアピースも含まれます。製作時間は延べ何十万時間にも及び、いずれの作品も、練達の職人たちがすべて手作業で精魂込めて作り上げています。

それぞれのジュエリーには、ブルガリが世界中で出合った希少な宝石が用いられています。ル マルシェ デ メルヴェイユそうした貴重な自然の贈り物を、ときに強く美しいミューズたちへの賛歌として、アートピースさながらの究極のジュエリーへと昇華させたコレクション「マニフィカ」。時を超えた輝きで、纏う人の魅力を映し出します。

ミューズのひとり、バロック期の女性画家から着想を得て
そんな「マニフィカ」コレクションのジュエリーやインスピレーション源となったミューズ、珠玉の石などについて、ルチアさんにお話をうかがいました。

「ブルガリのジュエリークリエイションを象徴づける3つの要素は、デザイン、クラフツマンシップ、そしてジェムです」と語るルチアさん。日本の女性に詳しく紹介したいジュエリーは? という問いにまず挙げてくれたのが、「プロディジャス カラー(Prodigious Color)」です。



「プロディシャス カラー」はピンクゴールドにカボションカットのアメシスト、シトリン、ルベライト、ブルートパーズ、ローズクォーツをセット。5つの石を、ペイズリーを思わせる流線型にカットされたパヴェダイヤモンドとグリーントルマリンが囲みます。
「3要素を兼ね備えた“ブルガリの代表的なクリエイション”のひとつで、アルテミジア・ジェンティレスキというバロック期の画家の作品にインスピレーションを得たネックレスです。彼女の人間性、生き方、そして強さに魅了され、本コレクションにおけるミューズのひとりに選びました」

ジェンティレスキは17世紀に活躍したカラヴァッジオ派の画家で、作品を通して女性が社会で果たしている重要な役割に新しい光を当てました。

「このネックレスでは、5石の色石に施したカボションカットの柔らかな曲線で、彼女の絵画に見る色の柔らかさを表現しています。ミューズから着想を得たジュエリーのなかでも、ブルガリらしさが凝縮されている一点です」


【おすすめの関連記事】:http://klar.top

40代女性へおすすめのネックレス3. スワロフスキー Generation ペンダント


立体的な作りが胸元にアクセントを作るため、Vネックやタートルネックのトップスを良く着る人におすすめ
チェーンの末端にスワンのモチーフがあり、後ろ姿もかわいく演出できる
スワロフスキーの輝きが美しいので、パーティーや結婚式用にも人気
美しいスワロフスキーを使用したアクセサリーを販売する「スワロフスキー」。

立体的なデザインのネックレスは、スワロフスキーの輝きで胸元を華やかに演出してもらえます。シンプルなトップスにも映えるから、コーデのアクセントにもなり重宝してもらえるでしょう。

オフィスカジュアルのアクセントとして、仕事を頑張る女性におすすめ。妻や彼女の誕生日に、ぜひプレゼントしてみてくださいね。価格は15,000円。



肌に馴染む色合いでコーデの邪魔にならないから、悪目立ちしたくない女性におすすめ
ゴールドに透かしが入っていて嫌味のない輝きだから、カジュアルにも合わせやすい
メッキでない全18金素材なので、金属アレルギーの不安が少なく身に付けやすい
高品質なゴールドを専門に取り扱うアクセサリーブランド「ディーヴァス」。

こちらはゴールドに透かし掘りが施されていて、嫌みのない輝きとおしゃれな模様を楽しんでもらえます。Tシャツやデニムとの相性も抜群だから、カジュアルスタイルにも合わせやすくて喜んで使ってもらえるはず。

いつもシルバーアクセばかり着けている女性でも身に付けやすいネックレス。40代の妻へ一生モノのアクセを贈ってみませんか。価格は50,200円。


【関連記事】:http://pepuseks.top/

天然石を用いたジュエリーでありながら


職人による、手のひらサイズのアート
彫刻のような流線的なデザインはいまや男女共通のトレンドだが、なかでも人気急上昇中なのが、パリ発のシャルロット シェネ。シルバーのアーチラインだけで描く構築的なフォルムは男のゴツい手にもすっとなじむと評判。ヴァレンティノ ブレスレット コピー甲部分にも及ぶ大胆なデザインや、指を2本通す仕様など、どちらのリングも古典的なアクセサリーの概念にとらわれないアプローチ。自分の手をまるで造形物のようにアレンジできる。

2本指リング¥81,400・小指のリング¥83,600(ともにシャルロット シェネ)/エドストローム オフィス 



華奢なインディアンジュエリーもあります
根強いファンが多い、ナバホ族のジュエリー。なかでも、華奢で繊細なものもそろえるのがブルースモーガンだ。このジャンルでは珍しい、シルバー925と14Kイエローゴールドのコンビネーション。男心をくすぐられる、おなじみのスタンプワークも健在。ゴツめのもので手首を飾るのもいいが、細身のものをサラッと身につけるくらいが今の気分。物足りなければ、2〜3個重ねて身につけるのもインディアンジュエリー通な楽しみ方だ。

ブレスレット(ブルースモーガン)各¥39,600/S.O.S fp 恵比寿本店



素材の風合いを楽しむ、ミニマルなデザイン
2013年にデビューし、若手ブランドのトップに駆け上がったトムウッド。天然石を用いたジュエリーでありながら、ギラギラした宝飾に見えないモダンさがメンズにも支持されている。ネックレス 収納オニキスのチャーム付きネックレスや、ラルビカイトのスクエア型リングなどのシックな色から、ピンクオパールのドーム型リングまで、色とりどり。無垢なシルバーの新作リングも加わり、選択肢がさらに広がった。

リング[右から]¥51,700・¥51,700・¥48,400・ネックレス¥67,100(すべてトムウッド)/トムウッド プロジェクト

【関連記事】:ビジネス用としても人気があります

日本最高峰のジュエリー職人・首藤治「職人は心を育てることが技術の向上になると信じている」


「現代の名工」と称される職人達がいる。これは国が認めた「卓越技能者」に送られる表彰制度の通称であり、そのうちの一人がジュエリークラフトマンの首藤治氏だ。

首藤氏は名古屋に店舗兼工房を構えながら、日本の名だたるジュエリーブランドのハイジュエリー作品を製作し続ける、まさしくジャパニーズジュエリー界における最高峰の技術を擁する一人。


七宝や金、プラチナ、そして数々の宝石が織り成す美しい世界に思わず息を飲み、吸い込まれて目が離せなくなる不思議な魅力を持つ首藤氏の作品の数々。


七宝で再現された葉の透き通るような瑞々しさ、葉脈までも表現する繊細な地金のライン。あるいは、まるで息遣いを感じるような動物達の愛らしいフォルムや瞳。作品はすべて表も裏も同じように緻密に細工が施され、どの角度から見ても優美な趣を感じられる構造となっている。


どうしてここまで巧緻を極められるのだろうか。作品を生み出す首藤氏のジュエリーへの想いとは? またその発想を生み続ける首藤氏のルーツとは? 初の個展を行ったばかりの首藤氏に話を伺った。

ー技術の素晴らしさはもちろん、一つのジュエリーにこれだけの力を注ぎ、美を追求する首藤さんの情熱はどこから生まれたものなのでしょうか?


私は幼少時代から絵を描くことが大好きで、いつかは絵描きになりたいと思っていた程です。ただ、家業の都合もあり日々猛然と働くうちに、夢から遠のいていました。20歳になったときに「やはり美術の仕事に就きたい、自分の作りたいものを作れる道に進むしかない」と決意し、金属装身具制作の仕事に就きました。電話帳をめくっては電話をかけ、ようやく師となる岡村光也氏に出会えた。どうしてもここで働きたいとお願いして採用されました。鉛筆を削るテストなんかもありましたね(笑)。

ー美術を一時は離れ、再び美術に立ち返った首藤さんがジュエリーに魅了されたのは何故でしょう?

やはりジュエリーしかないと感じたのは、師匠である岡村氏の仕事ぶりや作品を見た時です。

ー師との出会い、貴金属装身具制作の仕事は現在に大きな影響をもたらしているのですね。では、首藤さんの考えるジュエリーとは?

流行に押されて同じようなものが大量生産され消費されてゆく、ジュエリーというのはそのような商業的なものではないと思っています。大切なのは身につける人の「その人らしさ」を表現すること。師である岡村氏から学んだことは「最後に笑顔になることをイメージしてつくる」という、作品に思いを込める大切さです。ジュエリーには、その人らしさを発揮させる力があると学びました。


ーまさしく笑顔を引き出す作品ばかりです。これらを生み出すインスピレーションというのはどこからくるのでしょうか?

生まれ育った熊本県阿蘇の大自然が原風景でしょうか。子どもの頃の景色を思い出して湧いてきたイメージを描きとめています。細かく見すぎないほうが思ったままを容にできる。たとえば動物なら、しぐさや表情は頭の中のイメージから直接デッサンに起こし制作しています。心がけているのは「優しさ」「品のよさ」「おしとやかさ」などが漂うようにということでしょうか。


ー植物や動物の自然の営みを表した「ピクチャーシリーズ」や、貴石が煌めく「デコラティヴジュエリー」、アンティークな魅力の「クラシックジュエリー」など、趣向は違えどもすべての作品に通じる美しさがあります。ブレスレット ゴム首藤さんが考える美しさとは?

どの作品でも根底にあるテーマは「静から動へ」。静止しているものが動き出すときの躍動感、放たれるエネルギーを表現し、見た人にそれを感じてもらう作品を作りたいと思っています。古くから使われる伝統技巧も用いますが、それは宝石をいかに美しく見せるかという方法を追求していくと自然と古代の技法に戻ってしまうから。やはり数千年にも渡り続いてきた技法は理にかなっているのだと思います。ただ、現代ならではの制約もあり、たとえば「プリカジュール」の葉の透け感を表すための七宝は、薄さを追求すると気泡が目立ち濁って見えてしまう。なのに、どうしてルネ・ラリックの作品はあんなに透き通って美しいのかと調べたら、現在では使用できない薬品が使われていました。そんな制約のある中で現代の技術、技巧を最大に生かした作品づくりに挑戦することも大切にしています。


ー先日、生涯に一度だという個展「首藤治展~静から動への軌跡~」がイセタンサローネで開催されました(現在は終了)。いま、このタイミングで個展を行った気持ちはどんなものでしたか?

いつかは個展を開きたいという気持ちでいました。ただ、商業的な個展を何度もやるものではないという考えもあり、一生に一度、自分の道が定まったときに行いたいという思いもありました。20歳でこの道に入って40年、還暦という区切りもありましたね。昔の作品を振り返ると、それぞれ満足ではありますが、今ならこうするとか、やりすぎたところや足りないところが見えてくるものです。

ー首藤さんの工房では若手職人の育成にも力を注がれています。どのような思いでお弟子さん達と向き合っているのでしょう?

若手育成というと大仰ですが、「全てを隠さず教えよう」というのが私の考えです。見て覚える昔の時代なら習得まで10年かかったことも、いまのように説明しながら教えれば3年でできるようになるでしょう。しかし、何より大切なのは技術と同時に「心」も教えることです。技術が成熟していても、心のないジュエリーは、“作っては売る商業的なジュエリー”と同じで人の心にも手元にも残りません。「心」を教えることを意識しながら、弟子達の目線にまで降りて一緒に「どう感じるか」を考えています。優しく、時には厳しく「飴、飴、鞭」で接しています(笑)。

ー最高峰の技術を持ちながら、次の世代の職人に技や心を伝えようという熱意はどこから湧いて来るのでしょう?

私自身、師の教えから現在の基礎をつくり、その後2代目の元から独立していつか認められるまで頑張ろうとしてきました。続けるうちにようやく、師匠がやりたかったこと、言いたかったことが分かるようになった。若い職人達も育ってきて、今はチームでスクラムを組んで作品作りに向き合っている状態です。私が彼らと共に、世に作品を出すことでその教えを繋いでいけると思っています。そして、若い職人達にも技術と心が生み出す「これだ!」という表現を身につけてほしいと願っています。

【プロフィール】
首藤 治(しゅどう おさむ)
1955年熊本県生まれ。1975年より故・岡村光也氏に従事。1984年に国家技能検定一級技能士を取得し1986年名古屋にジュエリークラフトシュドウ開業。その後も第12回一級技能士全国大会「技能グランプリ」金メダル及び労働大臣賞受賞や卓越技能者表彰(現代の名工)など数々の受賞歴がある。2015年秋の黄綬褒章受章。アイビーファッションVANのコレクターという一面のほか、幼少期から犬や鳩、カエルなどを飼う動物好き。現在の愛犬はペコちゃんとゴマちゃん

【関連記事】:腕時計、パック、服、財布、ジュエリーブランド通販店

【ルイ・ヴィトン】モノグラム・フラワーを再解釈したファイン ジュエリー「B ブロッサム」にカラーストーンを用いた色鮮やかな新作が登場

ルイ・ヴィトンのウォッチ&ファインジュエリー部門のアーティスティックディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトロフがメゾンで手掛けた初のファインジュエリー コレクション「B ブロッサム」に、華やかで個性あふれる新作ジュエリーがお目見えしました。

feature(fashion)
ファッションニュース
色を、形を、重ねても楽しい遊び心くすぐる新作ジュエリー
ルイ・ヴィトンのファインジュエリー コレクション「B ブロッサム」に、モノグラム・フラワーの新たな解釈をさらなる高みへと昇華させた、独創的な新作が登場します。

いくつも集めたくなる新作は、ペンダント、ブレスレット、リング、スタッズイヤリング、イヤリングで展開。丁寧に磨き上げたイエローゴールドやピンクゴールドをベースに、ホワイトアゲートやピンクオパール、オニキス、マラカイトという鮮やかな色彩のカラーストーンを組み合わせ、そのセンシュアルな丸みを帯びた曲面にモノグラム・フラワーがまるで紋章のように配されています。

ボリュームのあるジュエリーに輝きを添えるのは、精巧にセッティングされたダイヤモンド。さり気なくメゾンの個性を主張する、アイコニックなコレクションです。



ひとつでも、重ね付けでも楽しめる、さり気ないのに存在感のあるジュエリーで、夏の装いに花を咲かせて。


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

さわやかな風に舞うバラの花びらがモチーフ♡「ヴァンドーム青山」"数量限定エンゲージリング"

トレンドをさりげなく取り入れたベーシックで上品なデザインが、
プレ花嫁から大人気のジュエリーブランド「ヴァンドーム青山(Vendome Aoyama)」。
2021年8月1日(日)、ブライダルコレクションから"数量限定エンゲージメントリング"が登場します。



着けていることを忘れてしまうほどの、なめらかな指なじみの良さはもちろん、
気品とセンスがあふれるデザインで女性の指をより美しく見せてくれると、
毎年人気の「パロディ ブランド」"数量限定エンゲージメントリング"。

気になる今回のデザインは、さわやかな風に舞うバラの花びらがモチーフ。
中石の両サイドにバラの花びらを思わせるハート形の石座を配置し、
アームのウェーブラインは、やさしく花びらを揺らすそよ風をイメージ。
裏側にもさりげなくハートを描いて、愛らしいポイントに仕上げました。

ダイヤモンドも、無色を表す最高のDカラーグレードと、その輝きを最大限に引き出してくれる
最上級のカットグレード「トリプルエクセレントカット・ハート&キューピッド」(ティファニー 偽物)を組み合わせた、
贅沢なダイヤモンドを使用。好みや予算に合わせて、2通りのカラットから選べるようになっています。
※プロポーションとシンメトリーが優れていることの証として、8個のハートと8本の矢でハートを射る天使の矢にたとえた希少性の高いダイヤモンド

また、"数量限定エンゲージメントリング"は当日のお持ち帰りができ、
後日、相手のサイズに合わせてリングを作り直すことができるのもうれしいポイント!

プロポーズのリング選びに迷っている人は、ぜひ一度チェックしてみて。

続きを読む

あの【シャネル】の「ココクラッシュ」から10万円台前半の細リングが登場!重ね付けにもぴったりです

アイコニックなのに手元になじむ存在感が魅力
人生の節目に欲しいジュエリーはやっぱりリング。仕事にプライベートにと日々忙しく活動する中でも、手元の新しいリングがふと目に入ると、「よし!」という気持ちになれますよね。発売以来大人の女性を魅了し続けるシャネルの「ココ 」は何かと不測の事態に見舞われるワーママが、自分に戻るためのお守り代わりに最適でした。

発表されたのは2015年。以来、ワーママだけに限らず、大人の女性を魅了し続けているコレクションです。ブルガリ ジュエリー〝シャネル〞を象徴するキルティングモチーフを刻んだデザイン。キルティングはもともと、マドモアゼル シャネルが愛した乗馬にまつわる紳士服からインスピレーションを受けたもの。その後、キルティングバッグに取り入れられ、メゾンのアイコンモチーフとなったのは周知の事実ですが、そんな伝説を携えたリングならきっと、これからの人生の励みになるのではないでしょうか。地金の種類やリングの太さ、ダイヤモンドの有無などバリエーションも豊富。


▲上から/リング『ココ クラッシュ』[YG]¥256,750・[WG]¥142,000・[ベージュゴールド ]¥137,000・[YG]¥ 131,000・[ベージュゴールド] ¥262,750(シャネル)

今年は重ねづけしたくなるミニモデルも登場しました(写真上から2・3・4番目)。丸みを帯びたフォルムもなめらかで、身につけていてストレスになりません。手もちのリングにレイヤードしてもいいし、1本だけをアクセントにしても素敵。自分らしいバランスが必ず見つかる名品です。オンでもオフでも、何かと不測の事態に見舞われるのはワーママの常。そんなときはまず、手元を見つめて深呼吸。自分に戻るためのお守り代わりにしてみてはいかがでしょう。

※文中の[ ]内にある、SS=ステンレススチール、WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、PG =ピンクゴールド、RD=ローズゴールド、Pt=プラチナ、DIA=ダイアモンドを、時計のケースサイズは直径もしくは縦×横を表します。


【関連記事】:三重県の高級ブランド情報

トーカティブ“一点物”ジュエリーにダイヤモンドの新作リング、希少で美しい石のみを厳選

トーカティブ(talkative)は、一点物コレクション「リミテッドピース(LIMITED PIECE)」からダイヤモンドの新作ジュエリーを発売。2021年8月21日(土)から10月24日(日)までバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)銀座本店1Fにて開催されるオーダーイベントにて販売された後、トーカティブ 表参道店などでも順次展開予定。

厳選したダイヤモンドの一点物リング


リング 297,000円~
新作「リミテッドピース ダイヤモンド」は、選りすぐりのダイヤモンドをダブルフレームでセッティングした、華やかな一点物リングのコレクション。オリジナルの縄目模様がクラシカルなエッセンスをもたらし、ダイヤモンドの輝きを際立たせる。



リングには、デザイナーであるマロッタ忍が長年にわたって集めてきた、個性豊かなファンシーカットのダイヤモンドをセット。ラディアントカットやエメラルドカットなど、デザイナー自らが厳選した、希少で美しいダイヤモンドのみが用いられている。



例えば、ローズカットダイヤモンドであれば百個単位の中から数ピースしか見つけられないような、厚みのあるハイドームにカットされたダイヤモンドのみをセレクト。奥行きがある分、石の中でより細かく光が乱反射し、より一層きらめきを増す仕様となっている。

フォーエバーマーク ダイヤモンドの輝きを纏った寺島しのぶさん。カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場


第70回カンヌ国際映画祭にて、約130年の歴史を誇るダイヤモンドエキスパート、デビアス グループによるダイヤモンドそのもののブランド「フォーエバーマーク(FOREVERMARK)」の輝きと共に女優の寺島しのぶさんが、共演のジョシュ・ハートネットとレッドカーペットに登場しました。



日米合作映画の主演作「オー・ルーシー!」の舞台あいさつに登壇した寺島しのぶさん。
シックでエレガントなブラックのワンショルダードレスにコーディネートして着用したのは「Forevermark Red Carpet Collection(フォーエバーマーク レッド カーペット コレクション)」より、ペアシェイプのフォーエバーマーク ダイヤモンドを使用したドロップピアス(計8.05ct)と、中央にラディアントカットのフォーエバーマーク ダイヤモンド(1ct)を使用した計11.38ctのブレスレット(by東京貴宝)でした。特に、揺れるドロップピアスがドラマティックな輝きを際立たせていました。

ダイヤモンドを知り尽くしたトップセレブリティにこそ愛されるフォーエバーマークの真の輝きは、カンヌ映画祭、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など、世界中のレッドカーペットを彩っています。

左:ピアス/トータルカラット数: 8.05ct 金性:PT 価格:7,000,000円(本体価格)
右:ブレスレット/​トータルカラット数: 11.38ct 金性:PT & K18WG 価格:6,300,000円(本体価格)
※共に東京貴宝/フォーエバーマーク

マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、美しさへのこだわりはもちろん、社会的に高いプロセスを経たダイヤモンドだけを選び抜く「フォーエバーマーク」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪をご紹介中です。結婚という人生の大きな節目に大切な人に贈る清く正しいダイヤモンドの輝きをご堪能ください。


【関連記事】:秋田県の最新ファッション

全国のティファニー ブティックにて「ティファニーウォッチフェア」を開催

全国のブティックで「ティファニーウォッチフェア」を開催します。



「ティファニーウォッチフェア」では、洗練されたジュエリーのデザインと優れたスイスのクラフトマンシップを融合させた、スーパーコピーダイヤモンドが美しい輝きを放つウォッチコレクション「ティファニーメトロ」を中心に、ティファニーのタイムピースの数々をご覧いただけます。

フェア開催期間中にウォッチをご購入いただいたお客様には特典として、ご購入いただいたウォッチ(一部の商品を除く)へのイニシャルエングレービングサービスを無料で提供。さらに、期間中にウォッチをご購入いただいたお客様の中から抽選で、ティファニー銀座本店でのスペシャルイベント「Breakfast at Tiffany」へのご招待を用意しています。この特別な期間に、ぜひ全国のティファニー ブティックへお出かけください。

【ティファニーメトロ】
時/分表示、58石のラウンドブリリアントカットダイヤモンドをセットした28mm径のステンレススチールケース、ダイヤモンドをセットしたリュウズ、アイスラッカー加工・フランケ仕上げの文字盤、シルバープードレ仕上げの分目盛り、8石のラウンドブリリアントカットダイヤモンドと4石のバゲットカットダイヤモンドをセットしたインデックス、ステンレススチールブレスレット、クォーツ式、¥935,000(税別)


マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、アメリカを代表するハイジュエラー「ティファニー(Tiffany)」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を公開中。ファインジュエリー ブレスレットジュエリー同様、手元で抜群の存在感を放つハイブランドのウォッチもご紹介しています。ぜひお楽しみください。

レディー・ガガほか、豪華なセレブリティたちが、ティファニーの華麗なジュエリーを纏ってMET Gala に登場

ニューヨークにて開催された、“Camp: Notes on Fashion“をテーマとしたMET Gala 2019では、世界的なスタイルアイコンであるレディー・ガガをはじめ、ケンダル・ジェンナー、ガル・ガドット、イマン・ハマムなど、錚々たるセレブリティたちがティファニー(Tiffany)のジュエリーを身にまとってレッドカーペットに登場しました。

MET Gala 共同ホストを務めたレディー・ガガ

▲レディー・ガガ © Tiffany & Co.

レディ・ガガは、「ティファニー ブルーブック コレクション ウィメンズ ファッション ジュエリー」の比類なきネックレスを纏い、観客たちの視線を独占しました。ガガはレッドカーペットにて、次々とドレスを脱ぎ、その姿を変身させながら、素晴らしいバタフライデザインのネックレスの全貌が明らかになりました。



▲レディー・ガガ © Tiffany & Co.
 
 
ティファニーの熟練した職人たちが、「ティファニー ブルー ブック コレクション 2019」のためにデザインしたこのネックレスは、合計28カラットを超えるプリンセスカットのダイヤモンドを幾何学パターンにセットしたチョーカーに、まるでシルクのように繊細な18Kイエローゴールドのバタフライが舞う美しいデザインです。



▲「ティファニー ブルーブックコレクション 2019」のネックレス © Tiffany & Co.

レディ・ガガは、「スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)が1964年に発表したエッセイにある通り、テーマである“camp”とは、何よりもまず、楽しさ、そして真の価値に感謝するということを意味します。楽しさと感謝の代名詞として、今回のテーマのために私が選んだのは、光り輝くダイヤモンドが美しいティファニーのゴールド製のバタフライです。壮麗な自然美に感謝し、ファンタスティックでグラマラスな瞬間を楽しむという意味を込めました」と述べています。

このネックレスに、約15カラットのティファニー T トゥルーリングなど、多数のティファニーリングを合わせて完成したレディー・ガガのレッドカーペットルック。新作エンゲージメントリング「ティファニー トゥルー」が登場するティファニーの広告キャンペーン『Believe In Love』では、アカデミー賞を受賞した映画『アリー/ スター誕生』の挿入歌として歌われたレディー・ガガのオリジナルソング『Is That Alright?』が起用されています。

豪華セレブリティがティファニーのジュエリーをまとって、レッドカーペットに登場

▲ケンダル・ジェンナー © Tiffany & Co.



▲ガル・ガドット © Tiffany & Co.



▲イマン・ハマム © Tiffany & Co.

マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、アメリカを代表する世界のプレミアムジュエラー「ティファニー」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を公開中。何世代にもわたって愛されてきたジュエリーの数々をご堪能ください。

ページ移動